🎁こちらからメルマガ登録していただいた方全員に3STEP動画講座を無料でプレゼント中🎁

収入を得る第一歩

物販は「仕入れて売る」という

シンプルなやり方なので

初心者が結果を出しやすいという

お話を普段からしているんですが

 

まず最初の第一歩は

「家にある不要なものを売ってみる」

から始めるべきです

 

おすすめで簡単なのはメルカリです

 

理由はまず市場の大きさです

サービスが開始されて約8年になりますが

昨年末時点の累計出品数が

なんと20億品を超えています!

 

現在日本国内の利用者数は月間1,755万人

にも及ぶとのことなんです!

いや〜すごいですよね!

 

そして、個人間取引で色々不安に思われる

方が多いと思いますが

 

メルカリ事務局がしっかりモニタリングしていて

トラブルが起こりそうな時のサポートが

とても丁寧で安心して取引を進められます

 

何やらメルカリのセールスマンみたいになってますがw

 

今日は、出品時のコツを2点だけシェアしたいと思います

 

———————————————————

1つ目 「写真は多ければ多いほど良い」

———————————————————

 

意外とやってない人が多いかなと感じます

 

大事なのは、購入者の気持ちになって考えることです

 

中古品を買う際はどんなことを気にするか

 

特にネットで買い物する際は

実際に手にとって見れないので

届いて見たら思ったのと違った

そんな思いをしたくないですよね?

 

写真の役割は「情報提供」です

いろんな角度から見れたらいいですね!

 

———————————————————

2つ目 「スペックよりストーリー」

———————————————————

 

よく見かけるのが

商品カタログに書いてあるような

機器性能をコピペで書いているだけの説明文です

 

確かに大事ですが

そんなのググればいい時代です

 

不要なもの = 中古の何か

 

を販売するということは

一点一点違う訳ですから

「その人がどう使ってきたか」

を知りたいと思うんです

 

よく、人は感情でものを買うと言いますが

「あなたから買いたい!」

と思ってもらえるようしないといけません

 

そうすることで

買っていただいた後も

大事に使ってくれると思いますし

お互いにwin-winではないでしょうか?

 

さて、この気持ちがわからないと

せどりは上手くいきません

 

せどりって諸説ありますが

「本の(背)表紙を(取)る」という行為

つまり、古書店で価値のある本を探して

適正な評価額で販売し利益を得ること

から来ているとも言われています

 

我々は古物商として活動をしていますが

ただ利益を出すために買い占めして高額転売する

悪徳業者ではなく、必要としている人のために

商品を探して安く手に入れることで

対価をいただいています

 

その間にあるのは「感謝」です

事業を継続強いていく上で

この気持ちがないと絶対に上手くいきません

これはどんなビジネスでも同じだと思います

 

メルカリで不用品を売る

身近で誰でも出来ることの中にも

ビジネスの基本が詰まっていますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。